技術書典という技術書を同人誌で作ろう!というイベントを見つけました

技術書典 技術書典

たまたま目にしたんですが、今日が技術書典というイベントが関東であったそうで。
元々、同人誌を作ったりしてイベントに参加経験が多少あったので、興味深いです。

私も本作ろうかなーと。ただ、需要に合う本を作れるかどうかといった所なんですが。
Boothという所と、特定の電子書籍の委託で普段は販売しているそうですね。
関東に住んでいないので、イベントに参加する事が出来ません。

でも、20代最初に就職した会社がIT会社で、プログラマーの職業についてから、
ずっとITの仕事してきた関係で、とても参加したくなる企画だなと思います。
何か手伝える事が無いか考えているんですが、
サイト作りでこのイベントをより知って貰う機会を増やす事位しか今の所思いつかないんですよね。

このイベントの主催の方とコンタクトを取って、
許可を得て、宣伝したいと思います。許可無くサイト作る事も良いんですが、
一人で何かするというのも寂しいなと。

色んな技術力を持った方々が集まるイベントだそうなので、
微力ながら何かお手伝いしたいです。
一人で決めてしまうよりは、相手ありきでやりたいな。

考えているのは、このイベントに参加する方がどういう方がいらっしゃるのか、
宣伝する事で、本を買って貰う機会を増やすとか?

技術書典をもっと盛り上げる方法を考えたいです。
サイトは作るのはいつもやっているので、何か新しい形で活動したいなと。

普段、目にしない技術書を同人誌でっていうスタンス、斬新だなと思いました。

あまりアウトプットして来なかった私ですが、
これを機にアウトプットする事にも目を向けたいです。

今、私が出来る事。

・ホームページデザインの移植
・独自ドメインでのホームページ運営

何か作品を作って、誰かの役に立つというのは、とても楽しいと思います。
いずれは、アマゾンとかで電子書籍とか作ってみたいなー。

何もせずにただ過ごすのは勿体無いので、自分から何か作っていきたいです。

ポータルサイトとペラサイトを作るというのは、
作る時間は全然違いますが、どちらが自分に向いているのか。

最近、自分のアイディアを考える事が楽しくて仕方無いです。
どういうホームページを作ったらいいか、考えて実現させる事が趣味を兼ねています。

インプットも大事ですが、アウトプットも大事ですね。
夏休みの自由研究みたいで、楽しいです。

やってみないと分からないので、とにかく試行錯誤しながら何かを作りたいです。

コメント